多言語絵本の会 (Multilingual Picture book Club)

Rainbow


それぞれの「ことば」が大切にされることを願っています。

Our hope is that each native language can be cherished.


 11月1日~30日 ポスター展示 

左の画像をクリックして、ご覧ください。

内容

バイリンガル絵本を図書館資料にしてください。

おおさかこども多文化センターの活動報告 

講演会と分科会

「アフガニスタンと子どもと絵本と」

講師 蓮岡 修氏

京都の子どもの本の専門店「きんだあらんど」店主

若いころ、アフガニスタンで故中村哲医師といっしょに井戸掘りをしていた方です。そのあと、絵本を見ている子どもたちとの出会いがきっかけで、本屋さんになったそうです。「アフガニスタンのこと」「子どもと絵本」について、お話を伺います。そのあと、小グループに分かれて、外国ルーツの子どもたちにできることを話し合います。


7月2日、台東区の中学校の「多文化共生体験学習会」でロシア、韓国、中国の3か国の人が協力してくださいました。それぞれの13歳の時を話してくださいました。



多言語電子絵本文庫、詳細は表紙をクリックして、ご覧ください。アマゾンから買えます。学校や図書館など、指定業者さんから購入される場合は、直販注文サイトからお願いします。



ウクライナの少年、オレクサンドル君(16歳)―13歳の時に「金の魚のはなし」のイラストを描いてくれました―平和を祈って描いた絵が届きました。

左ー『僕の国ウクライナ』、中ー『平和を祈っている。戦争反対!』、右ー『僕のウクライナは優しい心の国。僕らは平和を望んでいる』

キーウ近郊に住んでいるそうです。どうぞ、無事でありますように!! 


    多言語よみきかせのページを、あたらしくしました。

学校図書館関係、絵本のリスト



 

 

外国人からのメッセージは、別のページに移動しました。

<報告>

片桐早織「アラビア語で紙芝居」  

                ビデオ テキスト

矢部剛「紙の本では読みにくい!というさまざまな声」

                ビデオ テキスト

長嶺今日子「多言語絵本の読み聞かせ、図書館から地域へ」              ビデオ テキスト

山野上隆史「とよなか国際交流協会の取組」

                                ビデオ テキスト

山田泉「母語の継承、韓国の多文化図書館、知的発達と読み聞かせ、多文化教育としての多言語よみきかせ など」                     ビデオ テキスト

石原弘子「開催趣旨、多言語電子絵本、参加者の声など」      ビデオ テキスト            

                                                                

                                                             


今年も作品のデータをDVDとCDに収録して全国の図書館に寄贈しました。分館や町村立図書館には、お送りできないのですが、同じものが、DLできますので、お使いください。


 

ベトナムの昔話「バインチュン・バインザイ」の

ベトナム語と日本語

日本語だけの2点

ができました。

ベトナムの音楽が雰囲気をUPしています。

企画は一般社団法人大阪ベトナム友好協会です。

文:Kiritani Shoichiro (Trn Th Thanh Thy   チャン ティ タン トゥイ)

絵:Nguyn Th Ngoan    グエン ティ ゴアン 

 

朗読: Phm Hoàng Anh   ファム ホアン アイン


 

片桐さんの紙芝居

「エビの腰が曲がったわけ」

アラビア語とにほん語のバイリンガル版ができました。


にほんごの会くれよん

毎週木曜日10:00-15:00 目黒区中目黒スクエアで活動しています。

現在、新型コロナウイルス感染防止のため、On Lineでも活動中しています。ハイブリッドです。



韓国、アメリカ、台湾の多言語絵本のサイト

ollibolly
14か国の絵本を多言語で楽しめます。少しアニメ化されています。多様性受容度のテストも興味深いです。

アジアからの移住者に配慮されています。サイトには、7言語の母語学習資料があります。音声もついています。